脱毛ラボで後悔しないために!通ってわかった効果・料金と口コミ

日焼けの仕組み

日焼け 脱毛

 

日焼けが起こる理由にはメラニン色素が関係していて、これを作っているのは基底層内の基底細胞の間に存在するメラノサイトになります。
皮膚が紫外線を浴びると、角質層が紫外線を反射して、体内への侵入を防ぎますが、防ぎきれなかった紫外線に対しては、メラノサイトがメラニン色素を作り出すことで紫外線を吸収し、真皮への侵入を食い止めようとします。
紫外線を浴びすぎて皮膚細胞が破壊されないよう、メラノサイトが活発になり、メラニン色素が増大して沈着するので、色が濃くなるというのが日焼けのメカニズムになります。

 

脱毛に日焼けは厳禁

日焼けしているということは、肌がそもそも紫外線によるダメージを受け、大変弱っている状態です。その状態で、エステ脱毛のためにマシンにより刺激を与えられると、肌にさらにダメージをつくることになります。脱毛マシンの光は毛母細胞のはたらきを弱めたり、黒色に強く反応したりする特徴をもっているので、日焼けした肌には過敏に反応するのです。
黒色のホクロ部位も脱毛は避けた方がよいということにもなります。日焼けだけに限らず、肌の黒い人も反応テストを受けた上で脱毛を始めた方がベストです。

 

ほくろに限っては、その部分にシール等をはって脱毛する場合もありますが、普通は避けて照射します。
カウンセリングの段階でその辺りは説明を受けます。
地黒の方はほとんど平気だと思われますが、心配な場合はスタッフの方に聞いてみるといいですよ。
疑問点は全部無料カウンセリングで解決するのが成功への秘訣です!