自己処理のトラブルまとめ 埋没毛〜毛のう炎まで

自己処理のトラブルはこんなにある

ムダ毛の自己処理
自宅でのムダ毛処理は、カミソリで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームやテープで取り除く、家庭用脱毛器を使用するという方法がありますが、これらの処理は肌を傷つけるリスクが高くなります。
自己処理のトラブルには、カミソリ負け、毛のう炎、埋没毛、色素沈着などが挙げられます。
エステなどでは、肌をケアしながらムダ毛を処理するため、自己処理のようなトラブルが起こりにくいため、ムダ毛処理はできればエステなどがいいでしょう。

 

埋没毛(埋もれ毛)とは

埋没毛(埋もれ毛)とは、皮膚の間に発毛してしまった状態です。自宅で脱毛、除毛や剃毛をしたことのある方はだいたいがこれを経験しています。原因は、処理時に皮膚が傷つき、かさぶたが出来ることで毛穴が塞がれて表面に毛が出てこれなくなったり、毛が切れ、先が尖り皮膚内を貫通する為です。この様に皮膚が傷つく状態や毛がうまっている状態は衛生的にも見た目にもよくありません。自宅で処理を行うよりも、エステ脱毛はいいです。脱毛でつるつるになれば、これから一生、処理の手間が省けるし、皮膚のぼこぼこに悩むこともなくなります。

 

色素沈着の症状とは

ムダ毛を処理することにより、肌が元来よりも白く見え、美肌に見せることが可能になります。
そのため、多くの人々が何度もムダ毛処理を行います。
しかし、ムダ毛処理を行うことにより、色素沈着という症状に見舞われることもあります。
肌を美しくするために行った行為により、肌の見た目が悪くなってしまう色素沈着が生じてしまうのは好ましくありません。
色素沈着は、肌の深層部のメラニンが関係しているので、飲み薬の方が治しやすいです。

 

色素沈着の原因
ムダ毛の自己処理をしていると、ときどき黒ずみなどができることがあります。特に脇や脚などに多くみられ、色素沈着と呼ばれるものもあるといいます。正式には、摩擦黒皮症というものです。
原因は、肌への強い刺激です。カミソリや毛抜きを使って何度も繰り返しムダ毛の自己処理を行っていると、皮膚や毛穴の表面といった決まった部分が何度も刺激を受けることになります。その刺激が原因でメラニンが集中してしまい、色素沈着を起こしてしまうのです。

 

色素沈着の治療法
カミソリや毛抜き、ワックスなどを使いムダ毛の自己処理を繰り返していると、肌にできた細かい傷から雑菌が入り炎症を起こすことが少なくありません。炎症を繰り返すと、色素沈着を起こして肌に黒ずみができてしまいます。
色素沈着が起こってしまった時の対処法としては、ムダ毛の自己処理をやめて専門家による脱毛を行うことをおすすめします。エステやサロンで行う光脱毛には、脱毛効果と共に美白効果もあるので、施術に通ううちに次第に肌が明るくなり、黒ずみが解消されていきます。

 

毛のう炎の原因

ムダ毛の自己処理として、カミソリや毛抜きを使って処理をしてしまう事で、毛のう炎の原因になる場合があります。
自分で行うムダ毛の自己処理で、毛穴に傷を付けてしまう事で細菌などが入ってしまい、肌のトラブルの原因になります。
その他には色素沈着や埋れ毛などと、肌へ負担をかける事になってしまい、毛穴の広がりや毛深く見えてしまう場合もあります。
サロンで脱毛の施術を受ける事で、安全性が高く美肌にしながらムダ毛ケアが出来ます。

 

毛のう炎の治し方
ムダ毛の自己処理を行う場合、エステなどで処理を行う場合とは異なる点があります。
それは、自己処理の場合、しっかりと消毒せずに行うという点です。肌というのは、清潔にしていても様々な細菌が付着しています。ムダ毛の自己処理を講じたことにより、皮膚表面が傷つき、細菌が侵入しやすくなることで毛のう炎になるのです。
対処法としては、ステロイド剤を塗布することが有効的です。市販品で十分効果が得られるのでドラッグストアで購入しましょう。
ひどい場合には医師に相談しましょう。